クラウドソーシングのライターは稼げる?月3万円のお小遣い稼ぎにはおすすめ

クラウドソーシング ライター 稼げる フリーランスのこと

みなさんこんにちは。北海道札幌市在住のライター徳田菜摘です。今回は「クラウドソーシングのライターは稼げるのか?」ということをお話していこうと思います。

結論から伝えると、「クラウドソーシングはお小遣い程度なら稼げる」。現在はフリーライターも4年目となった筆者ですが、最初はクラウドソーシングで出発しました。しかし、今はもうクラウドソーシングを使っていません。筆者の経験をもとに「クラウドソーシングは稼げるのか?」ということをお話していきます。

スポンサーリンク

結論:「月3万程度のお小遣い稼ぎには良い」

クラウドソーシング ライター 稼げる

冒頭でもお伝えしたとおり、クラウドソーシングのライターではお小遣い程度なら稼ぐことができます。金額ベースでいうと、月3万円くらいはサクッと稼げるのではないでしょうか。

筆者は完全に未経験でライターをはじめたのですが、それでも3ヶ月目には7万円弱稼ぎました。その頃に受注していた案件は以下の通りです。

  1. アンケート回答(単価10円とか)
  2. 800文字程度のブログ記事(文字単価0.1円とか)
  3. 2500文字程度のサイト用記事(文字単価0.5円とか)

初心者ライターということで、文字単価はかなり安いです。それでもライティングに割く時間を増やすことで、アルバイト程度には稼げたわけですね。

クラウドソーシング ライター 稼げる

といった条件になります。副業として月3万円がこの数字で手に入るなら、なんとかやれそうな気がしますよね。

スポンサーリンク

クラウドソーシングのライターで食べていくにはしんどい

クラウドソーシング ライター 稼げる

ここからは、本業でライターをやっていきたい方へのお話になります。結論からお伝えすると、クラウドソーシングのライターで食べていくのはしんどいと思います。その理由を3つにわけてご紹介します。

単価が安い

まずひとつ目の理由は単価が安いことです。

クラウドソーシングのライティング案件は、多くが文字単価0.5〜1円ほど。これくらいの単価で発注しているクライアントは、多くの記事を集めることを目的にしている傾向があります。そのため提案すればだいたい「トライアルで1記事お願いします!」といったチャンスがもらえるわけです。

「受注できるならいいじゃん!」と思う方も多いかと思います。しかしライター一本で食べていくとなると、これが結構しんどいのです。

たとえば文字単価0.5円の案件で、月20万円を目指すとします。その場合は……

クラウドソーシング ライター 稼げる

この数字を見てどう思いますか? 筆者はものすごくしんどくなる数字です。w

ライティングってただ書けばいいだけじゃなくて、先方からのキーワードに対してリサーチをかけて、構成を作って、文章を書くというフローがあるんですよね。自分のよく知っている分野であればストレスなく書けるのですが、まったく知らないジャンルだったりすると、まず理解するところからはじまるのでそりゃあもう時間がかかるわけです。

1日の作業時間を会社員のように8時間だと過程すると、1日8本仕上げるには、1本あたり1時間しか使えません。そこに修正が入ればさらに時間を要します。書こうと思えば書けると思うのですが、やっぱり集中力もだんだん落ちてきます。するとミスが増えて、修正が増えて……と負のループに陥ってしまうんです(経験者は語る)。

筆者はかなり頑張って1日10,000文字が最高記録なので、金額でいうと5,000円ということになりますね。これではクラウドソーシングのライターだけで食べていくのは到底無理だと思います。

案件探し&営業(提案)が手間

クラウドソーシングで仕事を受注する方法は、以下の2通りです。

  • 掲載されている案件に営業する
  • クライアントから直接依頼がくる

クラウドソーシングサイトには、数多の案件が存在します。「選びたい放題じゃん!」と思う方も多いかもしれません。

しかしこれが落とし穴。なぜならすべての案件が自分に合うとは限らないからです。

たとえばスマホなどのガジェットに詳しい方が、ガジェット紹介の記事を書くのはぴったりな案件ですよね。でもその案件が月4本という条件だった場合、稼ぐためには他の案件も探す必要があるわけです。たくさんの案件があるとはいえ、ガジェットに特化した案件はそう多くありません。となると、自分の得意分野以外の案件でも提案する必要が出てきます。

さらにつらいのが、提案したところで必ずしも受注につながるわけではない、ということ。どれだけ書きたい案件があっても、クライアントに選ばれなければ受注できないのです。そうなると案件探しと提案にかけた時間がパー。筆者的にはこれが結構メンタルに来ました。「あー、私必要とされてないんだなぁ」と。

突然契約が切れるという不安定さ

クラウドソーシングで受注した案件は、必ずしも継続になるとは限りません。筆者の体感的には、スポット(1本書いておわり)案件が多く感じます。

仮に継続案件だったとしても、クライアントが発注をやめればそこで終了。筆者は半年くらい継続してもらっていた案件が、ある日突然「サイトを閉鎖することになりました」と連絡がきて仕事がなくなった経験があります。収入のほとんどをしめていた案件だったので、このメッセージがきたときは絶望&絶望で目の前まっくらでしたよ。

この不安定さは、なかなかのデメリットだと感じます。

クラウドソーシングは初心者&副業向け

クラウドソーシング ライター 稼げる

クラウドソーシングのライターについて色々お話してきましたが、決して悪いサービスではありません。初心者でもライターになれるチャンスがありますし、副業として利用するにはむしろおすすめなサービスなんです。筆者自身もクラウドソーシングがあったおかげでフリーライターになれたので、その点は本当に感謝していまs。

しかし「ライターで食べていきたい!」というなら話は別。クラウドソーシングに頼りきっているだけだと、心身を削らないと食べていくのはむずかしいです。

ではライターを本業として食べていくにはどうすれば良いか? 以下の記事で詳しく解説しているので、気になった方はぜひ覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました