冬の北海道・アウターの選び方!道民おすすめの冬用アウターとは?

服装

こんにちは!北海道・札幌在住のなつみです。

今回は、冬の北海道に滞在するなら知っておきたいアウターの選び方についてご紹介していきます。

日本国内でありながら、北海道の寒さは本州と比べ物になりません。

この記事では

  • 北海道と東京の気温比較
  • アウター選びのポイント3つ
  • おすすめのアウター

について詳しく解説します。

冬の北海道へ旅行に行く予定の方・北海道に住み始めて何を着たら良いかわからない方は、ぜひ参考にしてくださいね。

北海道の冬は平均気温がマイナス 。防寒必須!

日本人なら誰でも存じているであろう「北海道の冬は寒い」という事実。

11月の中旬にはもう初雪が降り出し、12月に入ったら本格的な雪景色になります。

関東や関西にお住まいの方は、冬の訪れのはやさに驚いているはず。

 

さて、寒い寒いと言われる北海道の冬ですが、実際の気温はどれくらいかご存知ですか

★札幌の気温

札幌の気温 表

引用:Good Day 北海道 | 道内主要都市の気温(℃)

こちらは札幌の月別最高気温・最低気温・平均気温。

12月・1月・2月の平均気温はなんとマイナス

東京と比較してみると、1年で1番寒い12月でさえ、

  • 最高気温:9.6度
  • 最低気温:0.9度
  • 平均気温:5.2度

と、0度を下回ることはありません。

もはやここまで気温が低いと、寒いを通り越して”痛い”です

冷気が皮膚を突き刺すような感じ。

たとえるなら私服でゲレンデを歩いてるイメージかな。

夜中まで飲んで歩いて帰ったときには、寒すぎて泣きました(実体験)。

想像するだけでも身が冷えますね!さっすが雪国!

アウターの選び方のポイント3つ

さて、北海道の気温が低いことが分かったところで、関西や関東の防寒では凌げないことは理解していただけたでしょう。

いざ「冬の北海道へ旅行へ行こう!」と意気込んでも、服装をミスったらオワリ

脅すわけじゃないけど、他の都府県にお住まいのままの服装で来たら、凍ります。

だって外にバナナおいておいたら、カチンコチンになって釘打てちゃうんだよ。

普通のコートじゃだめってことが分かったでしょう。

 

ということで、北海道へ旅行しに来る方のために、アウター選びのポイントを紹介します。

3つのポイントを押さえれば、基本的には寒さに負けることはない、はず。

すさまじく寒がりな私がおすすめするし、NORTH FACE(ノースフェイス)のお姉さんにもおすすめされたアウター選びのポイントだから間違いないですよ。

外気を通さない

1つ目のポイントは、外気(冷気)を通さないこと。

北海道の冬は何がしんどいかって、冷たい冷たい冷気です。

ぴゅっと吹いた風がものっそい冷たくて、これが皮膚に当たるとすっごく痛い

NORTH FACEのお姉さんいわく、

ダウンはあたたかいけど、縫い目から冷気入ってきて寒いっすよ

とのことでした。

旅行だからおしゃれをしたいだろうけど、アウターは外気を通さないことが必須です。

首元が締まっている

2つ目のポイントは、首元が締まっていること。

よく「3つの首(首・手首・足首)を隠すと寒くない」っていうけど、これほんとです。

デコルテががっつりあいた服装なんかで外出たら、5分で凍ります。

PコートとかMA-1みたいに首があいてるアウターでも、マフラーをすればある程度は防寒できるもの。

だけどアウターとマフラーのあいだから冷たい冷気が入り込んで、体が冷えます

だからできるなら首までしまるタイプのアウターを選べれば100点満点です。

丈が長い

3つ目のポイントは、お尻が隠れるくらい丈が長いこと。

ショート丈のダウンとかはおしゃれですっごく可愛いけど、腰とお尻が冷えると寒いと感じます。

とくにお尻は冷えやすくて、長時間外にいると冷えでしんどくなる。

寒さに強い人ならショート丈のアウターでもいいけど、寒がりの人はお尻が隠れるアウターにするのがおすすめです。

鬼寒がりの私は、もちろんお尻がすっぽりと隠れるタイプです。

すべてをクリアしたのがNORTH FACE「グレース トリクライメイト パーカ」

・外気(冷気)を通さない
・首元が締まっている
・丈が長め

がアウター選びのポイントだと伝えましたが、

悩むおばさん

そんなアウターなんてある?

と思っている方も少なくないでしょう。

道民の私、北海道の冬を乗り越えるべく、めっちゃ探しました。

ネットサーフィンはもちろん、実際に寒い中店舗を探し回って、運命の1着を見つけました。

NORTH FACE「グレイス トリクライメイト パーカ」です!

トリクライメイトパーカー

このアウターの何がすごいって、

  • インナーダウン
  • アウター

の2層構造になっているんです。

アウターはまったく外気を通さない素材(ポリエステル100%)で、インナーダウンももちろんあたたかい。

ダブルで冷気から守ってくれる鉄壁の防寒が叶います。

インナーダウンはジッパーで簡単に取り外せて、それぞれ独立して着ることも可能。

NORTH FACEのお姉さんいわく、

インナーダウンを外せば春先まで着れますよ

とのこと。たしかに。

そしてジッパーを上まであげれば、首まですっぽり

マフラーもいりません。実際に雪が降った日でもマフラーしなかった。

フードについたファーはデヴィ夫人の持ち物レベルの豪華さで、あたたかさも抜群。

フードをかぶればあったかいお布団にくるまれてる気分になれます(眠気を誘う)。

丈の長さも、身長154cmの私がMサイズを着て、お尻が隠れるくらい。

雪国だからこそありがたいのが、ポケットがチャックとマジックテープになっていること。

ポケット

2重でガードできるから、うっかりポケットに雪が入ることもありません。

ポケットの中ってなかなか乾きづらいから、これはうれしいポイントでした。

手袋、マフラー、イヤマフでさらなる防寒を

「新しくアウターを買うのは避けたいよ〜」

という方は、冬小物で凌ぎましょう。

アウターだけで防寒が完成しないなら、小物たちは必須です。

まずは手袋。手が素のままだと凍ります。ガチガチになって動かなくなります。

あたたかいアウターを着ていても、手袋はしたほうが良さそうです

首元が締まっていないアウターなら、マフラーは欠かせません。

首が冷気に触れないだけで、寒さを感じなくなります。

観光するだけならくるくる巻くタイプのマフラーでも◎

アクティブに旅行するなら、ネックウォーマータイプがおすすめです。

そしておすすめなのがイヤマフ(イヤーマフラー)!

NEW ERA ニューエラ 11117942 耳あて イヤーマフ イヤーウォーマー GGF G8

価格:2,860円
(2021/8/24 20:07時点)

関東や関西で身につけている方は少ないですが、北海道では大活躍してくれるアイテムです。

というのも、ずっと外にいると耳が冷えてすっごく痛くなるんです。

ニット帽やフードをかぶれば問題ないですが、イヤマフのあたたかさは別格

大人の男性でもおしゃれに身に着けられるイヤマフもあるので、ぜひ参考にしてください。

北海道は防寒第一!とにかくあたたかい服装で!

今回は、北海道の冬のアウター選びのポイントやおすすめのアイテムを紹介してきました。

関東や関西ももちろん寒いですが、北海道は吹く風がとにかく冷たいです。

せっかく旅行に来ても、寒さで耐えられなかったらもったいない!

だからこそ、しっかりと防寒して、たのしい思い出にしていただけたらなと思います。

ちなみに、服装はもちろんだけど、ヒートテックとかのあたたかい肌着も忘れずに

関東や関西の方でも冬なら着るものだと思うけど、北海道へ来るなら極暖がおすすめです。

防寒第一!防寒してこそ楽しめる旅行!(言い過ぎ)

冬の北海道旅行の靴選びについてはこちら↓
北海道の冬はどんな靴を履けば良い?道民が選ぶ冬靴まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました