【冬の北海道旅行】道民おすすめ&実践している服装まとめ

北海道旅行 服装 靴 まとめ

みなさん、こんにちは。札幌市在住のライター徳田菜摘です。

冬の北海道ってどんな格好をすれば良いの?

という方に向けて、冬の北海道旅行でおすすめの服装をご紹介します。

この記事で分かること
  • 冬の北海道(11月-3月)の気温
  • 冬の北海道旅行におすすめの服装

服装に関してはアウター・インナー・靴・小物に分けて解説。この記事を読めば冬の北海道旅行でどんな服装をすれば良いかが分かるようになっています。

冬の北海道旅行|11月〜3月の平均気温

11月〜3月における、札幌・函館・網走・東京の平均気温です。

札幌函館網走東京
11月5.26.04.012.5
12月-0.9-0.1-2.47.7
1月-3.2-2.4-5.15.4
2月-2.7-1.8-5.46.1
3月1.11.9-1.39.4
参考:気象庁 平年値(年・月ごとの値)より

寒さが本格的になる12月〜2月は、札幌・函館・網走の3地点とも氷点下。とくに道東の網走は寒さが厳しく、最低気温の平均は「-9.6℃」となっています。

札幌と東京で比べても2月で8.6℃の気温差があるので、本州の方からするとかなり寒く感じると思います。

冬の北海道旅行|おすすめの服装まとめ

冬の北海道旅行におすすめの服装を、以下に分けてご紹介します。

  • アウター
  • インナー
  • 小物

冬の北海道旅行|アウター

冬の北海道旅行では、以下3つのポイントを備えたアウターがおすすめです。

  1. 外気を通さない
  2. 首元が締まっている
  3. お尻が隠れる丈感

道民の筆者が着ているアウターはこちら!

北海道 冬 服装

取り外し可能なインナーダウン付のアウターで、ナイロン100%なので外気を通しません。ジッパーを上まで上げれば、首元までしっかり締まります。また、丈も長めでお尻も隠れてくれます。

アウターの詳しいレビューは冬の北海道・アウターの選び方!道民おすすめの冬用アウターとは?」をご覧ください。

冬の北海道旅行|インナー

冬の北海道では、インナーが必須です。

中でも肌に密着するようなものがおすすめ。冷たい風が通らないだけで、かなりの防寒になります。

ちなみに札幌在住の筆者はユニクロのヒートテックを愛用していますが、シーズンごとに分けて着ています。

  • 11月-12月:普通のヒートテック
  • 1月-2月:極暖のヒートテック
  • 3月:普通のヒートテック

冬の北海道旅行|靴

冬の北海道では、以下3つのポイントを抑えた靴がおすすめです。

  1. くるぶしより上の長さ
  2. 靴の底に凸凹がある
  3. しっかりと防寒できる

筆者は札幌で暮らしているので、上記3つを抑えたスノーブーツを購入しています。

北海道 冬 スノーブーツ

スノーブーツの詳しいレビューは北海道の冬はスノーブーツが必要|「滑らない・あたたかい」が重要!道民が選んだのはコレ」をご覧ください。

しかし、スノーブーツって雪がほぼ降らない本州ではあまり履かないですよね。ですので旅行のために買うのはちょっぴりもったいないと感じるかと思います。

冬の北海道にも対応していて、本州でも履ける靴はこちら。

マーチン 8ホール

ドクターマーチンの8ホールです。丈も長く、靴底もボコボコしており、中にもこもこのインソールを入れれば防寒性も○。防寒を最優先するとおしゃれしづらくなってしまいますが、足元マーチンなだけでおしゃれに仕上がります(筆者独自の見解)。

ドクターマーチンの詳しいレビューは「冬の北海道旅行は靴選びが重要!マーチンでも問題ない?」をご覧ください。

冬の北海道旅行|小物

冬の北海道旅行では、小物類がかなり重宝します。

意外と見逃されがちなんですが、帽子orイヤーマフラー・マフラー・手袋は必ず持っておいた方が良いです。特に1月〜2月の北海道は、小物で防寒するのとしないのとで、感じる寒さがかなり違います。

冬の北海道旅行|帽子orイヤーマフラー

冬の北海道旅行では、帽子orイラーマフラーがあると便利です。

北海道 冬 帽子

冬の北海道は風が冷たくて、耳が痛くなります。髪の毛の長いとまだましですが、ショートカットだと耳むき出しで凍ります。

ですのでニット帽などで耳まで覆うか、イヤーマフラーをするのがおすすめ。筆者は帽子とイヤマフを兼ね備えたフライトキャップを愛用しています。

フライトキャップの詳しいレビューは北海道の冬は「帽子」があると良き!ゲレンデ並みの寒さで無防備な装いは後悔する」をご覧ください。

冬の北海道旅行|マフラー

冬の北海道旅行では、マフラーは必ずした方が良いです。

3つの首(首・手首・足首)を冷やすと寒い」って聞いたことないですか? 筆者は札幌に移住して、この言葉の意味を痛感しました。

先ほどご紹介したアウターのように、首元まで締まっているならマフラーは不要です。しかしチェスターコートのような首元がら空きのアウターだと、風が入ってきてものすごく寒く感じます。

ですので、冬の北海道旅行に来る際は、マフラーをした方が良いです。ネックウォーマーなどでもOK。とりあえずご自身の首元を守ってくださいね。

冬の北海道旅行|手袋

冬の北海道旅行で外を観光する場合は、手袋があると便利です。

室内だけの移動であれば、手袋はなくても大丈夫。しかし雪まつりや夜景を見に行く場合は、必ず手袋をしてください。しないと指先凍って使い物にならなくなります。

どんな手袋でも良いのですが、やっぱりこちらも風を通さないタイプがおすすめです。筆者は普通のお洋服屋さんで買った手袋をしているものの、雪まつり(2月)では意味をなさず、指先が凍りました。

冬の北海道旅行|服装まとめ

冬の北海道旅行の服装をご紹介しました。

今回ご紹介した服装を以下にまとめます。

  • アウター(外気を通さない/首元が締まっている/お尻が隠れる丈感)
  • インナー(11-12月:普通のヒートテック/2月-3月:極暖)
  • 靴(くるぶしより上の長さ/靴の底に凸凹がある/しっかりと防寒できる)
  • 小物(帽子orイヤマフ/マフラー/手袋)

本州よりもはるかに寒い北海道の冬。あたたかい格好をして、食・観光・アクティビティを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました