【どんぐり】おいしいメニューはこれ!ちくわパンのパイオニア・札幌のソウルフード【札幌近郊】

どんぐり 札幌 パン屋 グルメ

みなさん、こんにちは。札幌市在住のライター徳田菜摘です。今回はちくわパンの元祖「どんぐり」をご紹介します。

  • ちくわパンは何度も食べたくなる
  • とにかくパンの種類が豊富
  • 魅力はパンだけじゃない

※ 商品価格や店舗情報は訪問当時のものです。現在とは異なる場合があります。

どんぐりって?

どんぐり 札幌 パン屋

どんぐりとは、札幌を中心に展開するローカルなパン屋さんです。白石区の本店を筆頭に、現在は10店舗を構えています。「札幌市民ならきっと一度は食べたことがある」というほど、地域に馴染んだパン屋さんです。

どんぐりのおすすめパン

どんぐりといえば、パンの種類の豊富さが魅力。

きっとはじめて店舗に行った方は、その品数に驚くことと思います(経験者は語る)。

どれもおいしそうだけど、どれを選んだら良いかわからない! そんな方のために、道民の筆者がどんぐりのおすすめパンを選びました。はじめてどんぐりに行く方は、ぜひ参考にしてくださいね。

どんぐりのおすすめパン|ちくわパン

どんぐりのおすすめパン1つ目は、やっぱり外せない「ちくわパン」!

どんぐり 札幌 ちくわパン

札幌のソウルフードとして有名なちくわパンですが、その発祥はどんぐりなんだそうです。パイオニア〜〜!! 店内のPOPにも「不動の人気NO.1」と書かれています。

わかる、だっておいしいもん。

筆者はどんぐりに行くと必ず買います。

どんぐり 札幌 ちくわパン
ちくわパン¥167 (税込)

そもそもちくわパンとは、パンの中にちくわが入っていて、さらにちくわの輪っかにツナフィリングが入っているパン。一見「それっておいしいの?」と思うのですが、これが合うんです。騙されたと思って食べてみてください。きっとハマるよ。

どんぐり 札幌 ちくわパン

自宅で食べる場合は、一度レンジでチンするのがおすすめです。あたたかいほうが筆者はおいしいとお思います。

どんぐりのおすすめパン|塩ぱん

どんぐりのおすすめパン2つ目は「塩ぱん」。

どんぐり 札幌 パン屋
塩ぱん ¥102(税込)

「塩が入ったパンでしょ〜?」と思っている方、残念。どんぐりの塩ぱんは、かじるとじゅわっとバターが滲み出てきて、程よい塩気を感じるパンなんです。塩はフランス産を使っているというこだわりにも注目。

とてもシンプルなパンなんですが、お惣菜パンや甘いパンが苦手な方におすすめ。

どんぐりのおすすめパン|くるみパン

どんぐりのおすすめパン3つ目は「くるみパン」。

どんぐり 札幌 パン屋
くるみパン ¥172(税込)

見て、このサイズ。全長約25cmという大物なんです。

握って振り回したら敵倒せそう(お行儀悪いのでやらないでね)。

パンの味は控えめで、くるみの香ばしさが引き立っています。そのままでももちろんおいしいですが、バターをつけるとよりそのおいしさを享受できますよ。あとレンチン&リベイクもおすすめ!

どんぐりのおすすめパン|シナモンロール

どんぐりのおすすめパン4つ目は「シナモンロール」。

見て、この積み上げられたシナモンロールたちを。写真だとわかりづらいかもしれませんが、どんぐりのシナモンロールも割とばけもんサイズです。

中にはくるみが入っており、食感もいいんですよね。そしてシナモンが香ること香ること。シナモン好きの方はたまらないと思います。

どんぐりのシナモンロールもあたためたほうがおいしいです。

ただしあたためすぎると上のシュガーが溶けちゃうので程々に。

どんぐりのおすすめパン|とろりんチーズタルト

どんぐりのおすすめパン5つ目は「とろりんチーズタルト」。

どんぐり 札幌 パン屋
とろりんチーズタルト ¥172(税込)

「おいおい、パンはどこ行った?」

と思っているみなさん、落ち着いて。どんぐりはパン以外のメニューもたまらなくおいしくて種類豊富なんです。

中でも「とろりんチーズタルト」は、いつも”人気”というPOPが掲げられているスタメンスイーツ。サクサクのタルトに、濃厚なチーズケーキという神的組み合わせが¥172(税込)。コスパ良すぎだしおいしくないわけないじゃん。

どんぐりのおすすめパン|スイートポテト

どんぐりのおすすめパン6つ目は「スイートポテト」(写真左)。

どんぐり 札幌 パン屋
スイートポテト ¥345(税込)

先程のチーズタルトに続き、パンじゃないのかよシリーズです。しかもこちらは期間限定のメニュー……すみません、あまりにおいしくて紹介したくなっちゃいました(右の「栗のガトーショコラ」も期間限定ですすみません)。

どんぐりのスイートポテトは、持ってみたらわかるけどずーーっしりしてます。そして食べてみるとホックホク! 焼き芋を食べているように錯覚するほどです。

¥345(税込)とどんぐりの中ではちょっぴりお高め? な値段設定ですが、食べごたえがあるから納得。

秋だけの限定だそうなので、期間中にもう1回は食べておきたいメニューです。

どんぐりの店舗情報

どんぐり 札幌 パン屋
店舗名住所営業時間
山鼻店札幌市中央区南22条西7丁目1-209:00-20:00
大通店札幌市中央区大通西1丁目13 ル・トロワ1F10:00-21:00
琴似店札幌市西区琴似2条4丁目2-2 イオン札幌琴似店1F9:00-20:00
新さっぽろ店札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7 サンピアザB1F10:00-21:00
西岡店札幌市豊平区西岡3条3丁目4-1 イオン札幌西岡店1F9:00-20:00
大麻店江別市大麻213-29:00-20:00
アリオ札幌店札幌市東区北7条東9丁目2番20 アリオ札幌1F10:00-21:00
森林工房札幌市厚別区厚別北4条5丁目1-510:00-16:00
桑園店札幌市中央区北8条西14丁目28 イオン札幌桑園店1F9:00-20:00
本店札幌市白石区南郷通8丁目南1−78:00-20:00

札幌のご当地グルメはまだまだあるよ!

どんぐり 札幌 パン屋

今回はちくわパンのパイオニア・どんぐりをご紹介しました。札幌近郊に10店舗もあるので、旅行に来た方にはぜひ朝ごはんなどに食べていただきたいです。大通店は大通公園も近いので、お天気が良ければどんぐりのパンを買ってピクニックをしても良いですね!

さて、札幌のご当地グルメといえば、どんぐりの他にもまだまだあります。旅行中のグルメ探しに迷ったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました