【1月】北海道旅行に必要な持ち物まとめ|気温・積雪量は?おすすめの服装も紹介

北海道 1月 持ち物 まとめ

みなさん、こんにちは。札幌市在住のライター徳田菜摘です。

今回は1月の北海道旅行に必要な持ち物をご紹介します。

気温・積雪量・おすすめの服装もご紹介するので、1月に北海道旅行を検討している方は参考にしてください。

この記事で分かること
  • 1月の北海道の気温と積雪量
  • 1月の北海道の持ち物まとめ
  • 1月の北海道のおすすめ観光スポット

1月の北海道旅行|気温や積雪量

まずは、1月の北海道の気温や積雪量をご紹介します。

1月の北海道旅行|気温

1月の札幌と東京の平均気温は以下のとおりです。

札幌東京温度差
2019年-3.05.6-8.6
2020年-2.37.1-9.4
2021年-4.45.4-9.8
気象庁 日平均気温の月平均値(℃)より

1月の気温を見てみると、東京は1ケタ台・札幌は氷点下(マイナス)の気温となっています。温度差は10℃程度です。

ちなみにこちらはあくまで平均気温。最低気温はもっと低くなります。たとえば2021年1月2日の札幌は、最低気温が-12.6℃でした。

1月の北海道旅行|積雪量

1月の札幌の積雪量は、以下のとおりです。

積雪量(cm)
2021年137
2020年85
2019年125
2018年147
2017年106
さっぽろお天気ネット より

1月の札幌の積雪量は100〜140cm前後です。

1月は根雪になる頃。除雪はされているものの地面は雪で覆われており、基本的に雪の上を歩くような感じです。

根雪とは?

根雪とは、地面に雪が積もって溶けずに雪解けまで残ること。

1月の北海道旅行|必要な持ち物まとめ

1月の気温・積雪量が分かったところで、続いては1月の北海道旅行に必要な持ち物を紹介します。

基本的な持ち物(下着やメイクグッズ)などは省略し、北海道旅行だからこそ必要なものだけをピックアップします。

1月の北海道旅行に必要な持ち物
  • ヒートテック上下
  • タートルネックのトップス
  • 冬用のアウター(フード付きを推奨)
  • 防水の靴&厚手の靴下
  • 手袋・マフラー・帽子
  • カイロ
  • 両手が空くカバン

1月の北海道旅行|ヒートテック上下

1月の北海道は、朝晩関係なく気温が氷点下になります。一言で言うなら、

ほんとうに寒い。

ですので、ヒートテックのようなインナーは必須です。上だけでなく、下もちゃんと履かないと下半身が冷えます。

また、できれば極暖のヒートテックがおすすめ。特に野外で観光する場合は、極暖必須です。普通のヒートテックだとちょっぴり心許ないと思います。

ヒートテック持ってないよ〜〜

という方は、できるだけ肌に密着したインナーを着てください。肌に密着しないインナーだと、北海道の冷たい風が入ってきてめちゃくちゃ寒いです。

1月の北海道旅行|タートルネックのトップス

首まであるタートルネックのトップスは、1月の北海道旅行では必須です。

3つの首

「3つの首」と呼ばれる首・手首・足首は、太い動脈があるのに皮膚が薄い箇所。

そこを冷やしてしまうと冷えた血液が全身を流れ、体が冷えてしまうというメカニズムなんです。

そのため、氷点下が基本な1月の北海道は、3つの首を中心に守りたいところ。そこで役立つのがタートルネックのようなトップスです(手首・足首の守り方については後述します)。

これもできれば肌にぴたっと密着するものが好ましいです。ダボッとしたタートルネックのニットは、首から風がびゅんびゅん入ってきて体が冷えます。

1月の北海道旅行|冬用のアウター

1月の北海道旅行には、冬用の分厚いアウターが必要です。

1番おすすめなのは、風を通さない・首が詰まっている・丈が長いアウター。筆者が札幌に移住してから買ったアウトドア用のアウターは、中にインナーダウンも入っていてとても暖かいです。

北海道 冬 服装

▼ノースフェイスの冬用アウターに
ついてはこちら

普通のダウンでも良いのですが、その場合は中にしっかりと着込んだ方が良いです。

札幌のノースフェイスのお姉さんに伺ったところ、ダウンは結構風を通してしまうので、吹雪の日などは寒さを凌げないとのこと。

また、チェスターコートのようなアウターを北海道旅行でも着たいなら、中にユニクロのウルトラライトダウンのようなインナーダウンを着た方が良いです。

筆者もチェスターコートを着たいときは、中にウルトラライトダウン着ています

そして、チェスターコートのようなアウターの場合は、首周りの防寒が弱いのでマフラー必須です(こちらは後述します)。

注意!室内は暑いくらい

冬の北海道は、室内は非常に暖かいという特徴があります。

むしろ暑いくらいの温度で、本州の室内よりもずっとずっと暖かいです。むしろ暑いと感じることもあるくらい。

ですので外が寒いからと重ね着しすぎてしまうと、室内での調整が難しくなります。北海道旅行で野外と室内を行き来する予定がある場合は、脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。

1月の北海道旅行|くるぶしまである靴&厚手の靴下

1月に北海道旅行へ来る場合は、くるぶしまである靴厚手の靴下を履くのがおすすめです。

1月の北海道は、雪が降り積もる時期です。基本的に雪の上を歩くイメージをしてもらえればと思います。

注意

雪が積もった場合、くるぶしより短い靴だと雪が入ってくる可能性が大。

雪が入ってくれば靴下も濡れますし、濡れた靴下で氷点下の中を歩くともちろん体が冷えます。

そして先ほどお話したとおり「3つの首」の1つである足首が冷えると体が冷えます

ですので1月の北海道旅行に来る場合は、くるぶしまである靴を履くことを推奨します。

北海道 冬 スノーブーツ

筆者は札幌で生活しているのでスノーブーツを履いています

▼札幌に住む筆者が購入した
スノーブーツはこちら

雪道を歩くのにスノーブーツはおすすめですが、

旅行のために買うのはちょっと……

と思う方もいらっしゃるかと思います。旅行って色々とお金がかかりますもんね。

そんな方におすすめなのが、マーチンの8ホール

マーチン 8ホール

くるぶしまで丈があって、靴底が凸凹していて滑りづらくなっています。

真冬の北海道は防寒を優先するとおしゃれが二の次になりがち。

でもマーチンを履いておけばなんだかおしゃれに見えますよね! ね!(圧力)

念のためお伝えしておくと、マーチンは冬靴ではありません。ですので暖かさの面でいうと心許なさは否めません。

そのため1月の北海道へ旅行に来る際は、中にボアのインソールを入れて履くのがおすすめです。

▼マーチンの8ホールや
インソールについてはこちら

靴下も厚手のものを!

1月の北海道旅行に来る場合は、靴下も厚手のものを履いたほうが良いです。

1月の北海道は気温が低く、雪も降っているので足元が冷えます

筆者は氷点下の日に締めパフェのお店で1時間ほど並んだ際、足元から冷えて凍えました。

厚手の靴下を履いて足元の防寒をしておくだけで、かなり寒さ対策になります。くるぶしも隠れるくらいの長めのものがおすすめです。

1月の北海道旅行|手袋・マフラー・帽子・イヤマフ

1月の北海道は、小物での防寒が重要な季節です。

北海道 冬 帽子

特に備えてほしい防寒小物は、マフラー・イヤマフ・手袋。

筆者が札幌に移住して1番良かった小物は、イヤマフ・もしくは耳も防御できる帽子。風の冷たい冬の北海道は、長時間外にいると耳が冷えて痛くなってきます。

耳が冷えると頭痛がしてくる

ですので、イヤマフで耳を守るか、耳も防寒できる帽子をかぶるのがおすすめです。

▼耳も防寒できる帽子はこちら

また、首元はマフラーで防寒してください。筆者的な最強防寒は、タートルネック+マフラー。特にチェスターコートのようなアウターだと首元がガラ空きなので、マフラーは必須です。

そして言わずもがな手先も冷えるので、手袋は必須です。手袋なしで氷点下の中を歩くのはかなりチャレンジャー。カチカチに冷えてかじかみ、スマホなんていじれなくなります(実体験)。

1月の北海道旅行|カイロ

1月の北海道旅行に来るときは、カイロを持っておくと安心です。

冒頭でもお話したとおり、1月の北海道は最低気温がマイナス12℃になることも。たとえば夜景やイルミネーションを見に行く場合は、カイロを持っておくと良いです。

また、足元が冷えやすい方は、靴下用のカイロもおすすめ。札幌に移住した筆者的には、足元の冷えが一番つらいです。そういった場合は厚手の靴下にカイロを貼るだけでも、寒さ対策になりますよ。

札幌周辺にはドラッグストアがたくさんあるので、寒かったら現地で調達するのでも良いと思います。

1月の北海道旅行|両手の空くカバン

雪が降り積もる1月の北海道は、両手の空くカバンで歩くのがおすすめです。

というのも雪道は歩きづらく、場所によってはガリガリに凍っていることもあります。そんな中で片手がふさがっていると、万が一転んだときにケガをする可能性も。

ですので1月の北海道旅行に来る際は、ぜひ両手の空くカバンで来てください。ケガをしたら楽しい旅行の思い出も台無しです。

1月の北海道旅行|おすすめの観光スポット

1月の北海道といえば、夜景やイルミネーションなどが見どころ。

北海道 12月 持ち物

札幌にもおすすめ観光スポットがたくさんあるので、1月に旅行に来る方はぜひ参考にしてみてください。

1月の北海道旅行|寒さは本格的&雪景色

1月の北海道旅行の持ち物一覧をご紹介しました。

東京の気温と比べて10℃ほど低い上、氷点下まで下がる1月の北海道。もう根雪になっている頃なので、除雪されているとはいえ雪道を歩くのが基本になります。

寒さや雪道に慣れていない方にとっては、なかなか厳しい季節。筆者も移住1年目の冬は防寒が完璧ではなかったので、かなり寒さがこたえました。

札幌に移住した筆者がおすすめする服装を参考に、1月の北海道旅行を楽しんでください。

楽しい北海道旅行の思い出になりますよう願ってます

札幌のおすすめグルメはこちら

札幌のソウルフード7選|旅行に来たら食べたい隠れたグルメメニュー
みなさん、こんにちは。札幌市在住のライター徳田菜摘です。今回は札幌のソウルフード7選をご紹介します。珍しい札幌グルメも食べてみたいな〜札幌ならではの食が気になるな〜海鮮・スープカレー・ラーメン以外の...
【八乃木】すみれの暖簾分け|行列必至の超人気ラーメン屋さん【札幌・西区】
みなさん、こんにちは。札幌市在住のライター徳田菜摘です。今回は札幌市西区にある超人気のラーメン屋さん「八乃木(はちのき)」をご紹介します。駐車場は3か所/計12台並んでても回転早め具も麺もスープもいとうまし※ ...
【なごやか亭】おっきなネタのコスパ良すぎ回転寿司|お寿司を食べたいならココ【札幌他】
みなさん、こんにちは。札幌市在住のライター徳田菜摘です。今回はコスパ抜群の回転寿司「なごやか亭」をご紹介します。※ 商品価格や店舗情報は訪問当時のものです。現在とは異なる場合があります。お寿司のネタが大きい!価格...
【セイコーマート】ホットシェフのおすすめメニュー7選|迷ったらこれ食べて【北海道】
みなさん、こんにちは。札幌市在住のライター徳田菜摘です。今回は北海道のローカルコンビニ「セイコーマート」のホットシェフでおすすめのメニューをご紹介します。※ 商品価格や店舗情報は訪問当時のものです。現在とは異なる場合があり...
北海道のおいしいお土産6選!定番から隠れた銘品まで道民が独断と偏見で選んでみた
道民が独断と偏見で選ぶ「北海道のおいしいお土産」。定番からあまり知られていない名品まで、幅広くご紹介しています。おいしいお土産に出会ったら追記予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました